お知らせ

2020/09/07HOLOSUN 9モデルに対して新設計が適用

該当モデル

  • HS407C V2
  • HS407C-GR V2
  • HS407CO V2
  • HS507C V2
  • HE507C-GR V2
  • HE508T V2
  • HE508T-GR V2
  • HS407K
  • HS507K

変更点

まず第一に、法執行モデル(LEM)プログラミングが適用されます。

この変更により、ソーラーオプティクスから「自動モード」が削除されることはありませんが、代わりにすべてのソーラーモデルおよび非ソーラーモデルに新しい「ロックモード」が追加されます。

ロックされている間は、武器をホルスターに入れたり、武器の取り扱い中に、不注意でボタンが押されてしまった場合でも、ユーザーの設定が変更されません。

ロックモードがオフの時は、通常通り「手動モード」(「+」および「-」ボタンを押す)、または「自動モード」(光学素子上部のソーラーパネルが光センサーとして機能し、ユーザーのレティクル強度を自動的に調整すること)によってレティクルの明るさを完全に制御できます。

さらに、ソーラーパネル(ソーラーモデルの場合)は、(周囲の明るさに応じて)バッテリー電力を増強または完全に置き換えて、バッテリー寿命を延ばします。

ソーラーモデルは、十分な光があれば、バッテリーなしでも動作できます。

第二に、不注意によるボタン押しを防ぐための取り組みをさらに進めるために、ボタンをハウジングのベースに戻しました。

これは、以前のモデルで実証された、実績のある設計機能です。

ボタンはハウジングによって保護され、ボタンの誤操作を防止します。

更新されたモデルには、古い「V2」が置き換わり「X2」の接尾辞が付いています。